top of page

ダンス講師#4 NANA

子ども達が自分らしく「ワクワク」して「夢中」になれる、「何か」を見つけて欲しい。


自己紹介


こんにちは、NANAです!

ABMの事務局メンバーとして活動しつつ、ダンスプログラムではチア講師を担当しております。同時に、プロスポーツリーグのオフィシャルチアリーダーとしてのデュアルキャリア生活を送っています。


チアとの出会いは大学生になってから。

仲間と切磋琢磨しながら「日本一」「世界一」の目標に向かって駆け抜け、そして幸運にも達成した青春時代を過ごしました。

ANAに就職後も現役を貫くことを決意してからは、共に働くメンバーからの理解と協力を得ながら、競技人・企業人として活動をさせて頂いております。二足の草鞋を履くのは簡単ではなく、時には私生活の全てを犠牲にしなくてはならないこともありますが、それでも「やりたい」「頑張りたい」と思えるスポーツに出会えた自分はとても恵まれていると感じます。

他者を応援し、観ている方に笑顔と喜びを届けるチアの魅力をたくさんの人に伝えていくことが夢です!



経歴


【幼少】 空手

【中学】 新体操部

【高校】 新体操部

【大学】 チアダンス部

  2015年 USA School&College Competition 優勝

  2016年 USA School&College Competition 優勝

  2017年 World University Cheerleading Competiton 優勝

  その他チーム活動として

  幼稚園・老人ホーム訪問イベント

  ギネスワールドレコード【世界最大のチアリーディングダンス】獲得

【2020-2022】

  アジアリーグアイスホッケー 横浜GRITS オフィシャルチアリーダーズ

  バイスキャプテン

【現在】

  プロスポーツリーグのチアリーダーとして活動中



一言


正直、私は練習があまり好きなタイプではありませんでした。辛いものは辛いし、痛いものは痛い。それでもチームメイトと心を一つにステージに立つ時、会場の皆さんと選手を応援し熱狂する、あの「ワクワク」して「夢中」になる瞬間は、そこに向かうまでの何百何千時間もの苦しいトレーニングさえ凌駕するパワーがあります。

何かに心が震えるような経験は間違いなく、生きていく、成長していく上での糧になるはずです。


だからこそ、全ての子ども達が自分らしく「ワクワク」して「夢中」になれる、「何か」を見つけて欲しい。ANA Blue Monstersがそのきっかけになれたらとても嬉しいです。






閲覧数:676回
bottom of page