トレーナー#4 床 亜矢可

大好きな競技や興味のあるものに全力で取り組める環境を作り出し、夢に向かって頑張る子供たちのお手伝いをしたい!




自己紹介


生年月日:1994年8月22日

出生地:東京都東村山市

血液型:B型

競技:アイスホッケー

所属チーム:Daishin(2007-2013)→SEIBU PRINCESS RABBITS

趣味:陶芸/読書/テニス












キャリア/戦績


2007年3月 釧路市立昭和小学校卒業

2010年3月 釧路市立鳥取中学校卒業

2013年3月 北海道釧路江南高等学校卒業

2017年3月 法政大学 スポーツ健康学部卒業

2017年4月 全日本空輸株式会社入社




〈代表活動〉

2010年 U18世界選手権Top Div 6位

2011年 U18世界選手権Top Div 8位

2013年 オリンピック最終予選  1位

2013年 世界選手権 Div1    1位

2014年 ソチオリンピック    8位

2015年 ユニバーシアード    3位

2015年 世界選手権 Top Div 7位

2016年 世界選手権 Top Div 8位

2017年 オリンピック最終予選  1位

2017年 アジア大会       1位

2017年 世界選手権 Div1 1位

2018年 平昌オリンピック    6位

2019年 世界選手権 Top Div   8位

〈所属チーム〉

日本リーグ 優勝7回/全日本選手権 優勝 2回






アスリートとして成し遂げたいことこと


・オリンピック、世界選手権で妹と一緒にメダルを獲得し、両親にメダルをかけること

・アイスホッケーの魅力を日本中に知ってもらう


ANA Blue Monstersで伝えたいこと


私は、小学生の頃から「上手な選手」ではありませんでした。

「アイスホッケーが好きな気持ち」と「負けず嫌いな気持ち」、(その頃は背が高かったので)「力強さ」でなんとか戦い、毎日一生懸命アイスホッケーをしていたことを思い出します。


どうやったら上手くなれるのかと悩んでいた時に、周りには上手い選手が多かったので、各選手の持っているすごいところを全部自分のものにしたら最強になれると考え、常に自分にプラスになる事を探し始めました。


最初は、氷上だけ、アイスホッケー選手だけだったのですが、視野を広げ、日常生活、他競技のアスリートからも、、、という風に増やしていくと自分の競技生活が目標に近づいて行きました。


現在は、ANA社員アスリートとして仕事と競技をしていますが、

それぞれの分野で学んだことをそれぞれで生かせいることが多く、何歳になっても学ぶことが成長させてくれると実感しています。


皆さんの周りには、自分にとってプラスな事(学び)がたくさんあると思います。

学校で、習い事で、周りにいる人から、ANA BLUE MONSTERSの授業で、、、

自分が挑戦できそうなもの、ワクワクするものからは、積極的に学び、自分のものにして、どんどん成長していってほしいです。



競技以外に必要なスキルや強みに関するアドバイス


小学生の時にANA社員アスリートとしてアイスホッケーを続けられているとは、全く想像ができませんでした。 しかしながら、現在挑戦していることの多くは、小学生の時に興味があったことや小学生の時に知ったことが多く関連してきます。 何事にも興味を持ち、挑戦することが

大切だと思います。























#アイスホッケー #ANA

53回の閲覧